シチュエション

のぼりや応援幕や垂れ幕を使用するシチュエーションと言えばどんなイベントを考えますか?

のぼりといえば、すぐ思いつくのがお店のキャンペーンなどですよね。
新しく開店したお店を分かりやすくアピールする為にお店の周辺などに設置されているのを良く見かけると思います。
実際にのぼりを見る事によって、全く感心の無かった通行人がお客さんになるかもしれない大切な役目がのぼりにはあります。

次は応援幕ですが、これはクラブの試合などの応援時に見かける事があると思います。
体育祭や社会人野球など、いろんな場面で応援幕は使用されています。
もしあなたが応援する立場になったとしたら、どんな応援幕を作りますか?

垂れ幕は学校や予備校、お店などで使用されているのを見かけると思います。
「一年3組○○君優勝」や「○○○大学合格」といえばイメージがしやすいのではないでしょうか?
他の二つに比べると遭遇する機会は少ないかと思われますが、垂れ幕も立派な意味があるものなのです。

のぼりや応援幕、垂れ幕はそれぞれ使用するシチュエーションはバラバラです。
ですが、どれもオリジナルのデザインで作る事で心がこもった物が出来上がるという点では共通しているといえます。

また、デザインによっては上記で説明した使い方以外にも使えるなど、意外な万能性も発揮したりするでしょう。

関連リンク

のぼりをオリジナルで作りませんか?|のぼり直売所

Calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930